一般人が刑務所へ潜入 生存するための13の独創的な生活の知恵

ドキュメンタリー番組 ”60 Days In”では、刑務所の実態を知るため、一般市民が2ヶ月間、刑務所生活を体験する様子を放送しました。

 

プログラムでは、受刑者が刑務所内で使用できる生活用品を利用して、運動をしたり、誕生日ケーキを作ったり、化粧をしたりなど、独創的な方法が紹介されました。

 

ここでは、その中でも特に目を引く独創的な13の生活の知恵をまとめて紹介します。

刑務所には、必要最低限の洗面用具さえ持ち込むことはできません。

 

プログラムでは、9人の一般人が2ヶ月間、アトランタプルトンカウンディ刑務所とインディアナ州南部のクラーク郡刑務所に潜入して、刑務所内の様子を公開しました。

f:id:bryan0230:20180408093559j:plain

 

f:id:bryan0230:20180408093647j:plain

▲自作の運動器具でトレーニングする様子です。ごみ袋に水を入れて、囚人服で覆い、ほうきをつなげばウェートトレーニング器具の完成です。

 

f:id:bryan0230:20180408093701j:plain

▲ちり紙でサイコロを作ってゲームをしながら時間を過ごすこともあります。

 

f:id:bryan0230:20180408093714j:plain

▲刑務所内の売店で購入できる数少ない食品を独創的にアレンジします。

 

f:id:bryan0230:20180408093726j:plain

▲特別な日には、ラーメンや、チーズ、缶詰の豆を集めて、ナチョスを作って食べます。

 

f:id:bryan0230:20180408093740j:plain

▲誕生日には、粉砕したクッキー、カプチーノ、ピーナツバターで生地をつくり、”監獄ケーキ”でお祝いします。

 

f:id:bryan0230:20180408093754j:plain

▲お菓子の空き箱やポテトチップスの袋が、アクセサリーや小道具に変身します。

 

f:id:bryan0230:20180408093818j:plain

▲発行させた果物や砂糖を使用して念入りに作ったお酒です。
”飲んでみたことはないが、見た目も味も最悪だと思う”と、刑務所の保安官は語ります。

 

f:id:bryan0230:20180408093832j:plain

▲クラーク郡刑務所の受刑者の8割は、薬物関連で収監中です。
電子タバコのフィルターを取り、その上に鎮痛剤を塗ると、薬物使用時と似たような効果がでるようです。

 

f:id:bryan0230:20180408093841j:plain

▲多くの受刑者は収監中に入れ墨をします。ウォークマンのバッテリーとモニター、ゴムバンド、ゼムクリップ、ペンを用意して自作の入れ墨機を作製します。

 

f:id:bryan0230:20180408093854j:plain

▲女性収監者は、飲料ミックスの粉末とコンディショナー、水を使って、ヘアカラーします。

 

f:id:bryan0230:20180408093902j:plain

▲ローションとナッツを混ぜて、フェイスパックをします。

 

f:id:bryan0230:20180408093912j:plain

▲アイシャドウが必要なら、色鉛筆、チョーク、ベビーパウダーを混ぜて作ることができます。

 

f:id:bryan0230:20180408093921j:plain

▲タンポンを破った布で、パーマをします。

どれも奇抜なアイデアばかりですね。

 

 

シリアに実戦配備されたロシアの戦闘機たち

f:id:bryan0230:20180402223228j:plain

 

海外メディアの報道によると、ロシアは自国で生産する兵器を購入するアサド政権を支持するため、2015年からシリアにロシア製戦闘機を配備したと言われています。
もし米国と戦争をした場合、全世界で唯一互角の戦いができるのはロシアだけだそうです。
それだけの戦闘力を有した軍事大国なのです。
今回は、ロシアがシリアに実戦配備した戦闘機8種類を紹介します。

 

1.Su-57

f:id:bryan0230:20180402223256j:plain
ロシア初の5世代ステルス戦闘機です。
米国のF-22に対抗するために開発されました。
2016年から生産を開始し、Su-35と同じAL-41F1エンジンを搭載しています。
より高い性能のエンジンを開発中で、搭載予定のIZDELIE-30エンジンはまだテスト段階です。

 

2.Su-24

f:id:bryan0230:20180402223315j:plain
旧式の戦闘機で、空対空、空対地ミサイル、レーザー誘導爆弾を搭載することができます。RBK-500という爆弾を使用できる機体が特徴です。
RBK-500は、シリア軍がもっとも恐れる爆弾とも言われています。

 

3.Su-25

f:id:bryan0230:20180402223334j:plain
低空飛行での攻撃が可能であり、米空軍の伝統的な攻撃機A-10と同等の能力と言われています。Su-25は、シリアに配備された後、2016年3月までのわずか6か月間で1600回出撃し、6000発以上の爆弾を落としました。
アジアでは、北朝鮮が最初に導入した戦闘機でもあります。

 

4.Su-27SM3

f:id:bryan0230:20180402223352j:plain
2015年11月、シリアに配備された27MS3はSu-27の発展型モデルです。
多目的戦闘機で、他の攻撃機を護衛するなど多様な任務を遂行中です。

 

5.Mig-29SMT

f:id:bryan0230:20180402223442j:plain

ロシアは、2017年9月Mig-29SMTをはじめて派遣しました。
まだ数字での成果は発表されていませんが、Mig-29はさまざまな種類の空対空、空対地ミサイルとレーザー誘導爆弾を搭載可能です。

 

6.Su-30SM

f:id:bryan0230:20180402223459j:plain
Su-30SMは、Su-27をもとに開発された多目的戦闘機です。MIg-29と同じようにさまざまな種類の空対空、空対地ミサイルとレーザー誘導爆弾を搭載可能です。

 

7.Su-34

f:id:bryan0230:20180402223524j:plain

Su-34は、2015年9月にシリアに配備されて以来、1年以上任務を果たしてきたロシア最新鋭の戦闘機です。
短距離空対空ミサイルR-73レーダー、誘導型の長距離空対空ミサイルR-77を搭載することができます。

 

8.Su-35S

f:id:bryan0230:20180402223541j:plain


Su-35は、2016年1月にシリアに配備されました。
Su-27の発展型モデルで、他の戦闘機の護衛なしに、地上と空中、両方の敵へ攻撃ができます。

 

以上が、ロシアがシリアに配備した戦闘機の紹介でした。

ニュースで悲惨な光景を目にする日々ですが、一日も早く戦争が終わりを迎え、平和が訪れることを祈ります。

 

 

実際の諜報活動にも使用された『蚊偵察機』

f:id:bryan0230:20180401154548j:plain

世界各国では、自国の安全保障のため情報機関を設置し運用しています。
時には、情報戦を繰り広げることもあるほどです。
ITの発達により、このようなスパイ活動の手段も以前とは様変わりしました。
過去には、鳩や猫などの生命体を諜報活動に利用していまいしたが、現在では、その役割をロボット偵察機が担っています。

 

f:id:bryan0230:20180401154616j:plain

最近もっとも注目されているロボット偵察機を紹介します。
体長わずか1cmの『蚊偵察機』です。
頭と胴体部分に超小型カメラとテープレコーダーを搭載し、敵地に送り込み、相手の情報を手軽に得ることが可能です。
この発想は、昆虫型ドローンの開発が進み生まれたものです。

 

f:id:bryan0230:20180401154706j:plain

この『蚊偵察機』の恐るべき能力は、その小ささだけではありません。
米国の軍事専門雑誌ミリタリー・トゥデイによると、最近ではステルス機能まで搭載する研究も行われているそうです。
レーダーにも捕らえられないようにするためです。

 

f:id:bryan0230:20180401154731j:plain

このような超小型ロボット偵察機は、米国、ロシア、フランスなどで継続的に研究中ですが、『蚊偵察機』よりもさらに小型なロボット偵察機の開発が盛んにおこなわれています。
小さければ小さいほど敵から発見されにくいからです。

 

f:id:bryan0230:20180401154750j:plain

ところで、『蚊偵察機』はどのようにして、壁や物にくっついていられるのでしょうか。その秘密は、静電気にあります。
偵察機の足に電流を流し、静電気を発生させることで天井や壁、気の葉などに吸い付くことが可能なのです。

 

f:id:bryan0230:20180401154806j:plain

現在、大型のドローンは飛行時間が短いという問題を抱えていますが、蚊の偵察機の場合、休み休み移動が可能なため、長時間の飛行が可能です。
休憩時間に太陽電池パネルや自家発電などでエネルギーを補充する研究も進行中です。
軍事技術の発展に今後も注目が集まりそうです。

 

 

ぽっちゃり猫ボンボンの優雅な一日

f:id:bryan0230:20180331123927j:plain

タイで暮らす猫のボンボンは、インスタグラムフォロワーが17万にも達する人気猫です。
このまるまると太った猫のボンボンの魅力を紹介します。

f:id:bryan0230:20180331123947j:plain

▲まずは朝のひと時。ぽってりとしたお肉と、まんまるの前足がたまらないです。

 

f:id:bryan0230:20180331124009j:plain

▲たまに気が向いたら木登りもします。

 

f:id:bryan0230:20180331124020j:plain

▲知らない人のガン見にも、けっして視線を逸らすことはりません。

 

f:id:bryan0230:20180331124031j:plain

▲あっかんべー。舌がとても長くてキュートです。

 

f:id:bryan0230:20180331124043j:plain

▲食事中には穴があるほど見つめてきます。「一口だけちょうだい」とアピールするボンボン。1日でも最も大事な日課です。

 

f:id:bryan0230:20180331124055j:plain

▲時には威厳のあるポーズを決めて、ライオンの真似をします。これもボンボンの楽しみのひとつです。

 

f:id:bryan0230:20180331124104j:plain

▲ボンボンはタイで有名な猫です。インタビュー対応もします。

 

f:id:bryan0230:20180331124115j:plain

▲外出から戻ると、ソファでまったり。

 

f:id:bryan0230:20180331124128j:plain

▲疲れ果ててしまったときはこのように横になてごろ寝します。

 

 

それでは、ボンボンの日常をまとめて紹介します。

f:id:bryan0230:20180331124209j:plain

f:id:bryan0230:20180331124219j:plain

f:id:bryan0230:20180331124228j:plain

f:id:bryan0230:20180331124236j:plain

f:id:bryan0230:20180331124248j:plain

f:id:bryan0230:20180331124258j:plain

f:id:bryan0230:20180331124308j:plain

f:id:bryan0230:20180331124317j:plain

タイのぽっちゃり猫ボンボンの紹介でした。