体の左側を下にして寝たほうがよい5つの理由

f:id:bryan0230:20171030230522j:plain

 

寝る時の姿勢は、一般的に4つに分けられます。

 

  • まっすぐ上を向いている状態
  • うつ伏せの状態
  • 右側を下にして横になった状態
  • 左側を下にして横になった状態

 

この記事では、Cleverlyの研究をもとに、なぜ体の左側を下にして寝たほうがよいのか、その理由を5つ紹介します。

 

リンパの循環がよくなる。

 

f:id:bryan0230:20171030230634j:plain

 

体の中の老廃物は、リンパ節を介して体の左側へ流れていきます。

体の左側を下にして寝ることで、老廃物が効率的に流れていきます。

 

心臓によい。

 

f:id:bryan0230:20171030230707j:plain

 

心臓には、血液を体全体に送るポンプの役割があります。

心臓の大動脈は左側にずれているため、体の左側を下にして寝ることで、心臓から血液を送り出しやすくなります。

血液の循環がよくなるのです。

 

消化によい。

 

f:id:bryan0230:20171030230740j:plain

 

胸やけを感じるときは、体の左側を下にして横になりましょう。

胸やけの原因となる胃酸の逆流を防ぐためです。

 

脾臓(ひぞう)によい。

 

f:id:bryan0230:20171030230815j:plain

 

血液浄化の重要な役割を担っている脾臓(ひぞう)も、体の左側にあります。

老廃物は、リンパを介して脾臓(ひぞう)に送られた後、血液中の異物や細菌などの抗原を処理し、抗体の産生を行います。

この重要な臓器も、体の左側を下にして寝ることで、より働きがよくなります。

 

体の構造に適した姿勢である。

 

f:id:bryan0230:20171030230852j:plain

 

体の右側を下にして寝た場合、臓器を圧迫し、消化器系の疾患が悪化する可能性があります。

しかし、体の左側を下にして寝ると、先に説明したように、内臓器官や消化器官の働きが活性化します。

 

f:id:bryan0230:20171030231014j:plain

 

このような理由から、できるだけ体の左側を下にして寝たほうが良いとされています。

今日から、左を下にして寝るよう気をつける必要がありそうです


スポンサードリンク