専門家が教える 怒りをコントロールする9つの方法

f:id:bryan0230:20171107213027j:plain

 

怒りに任せて自分の感情を爆発させている人は、まわりに不快感を与えるだけでなく、本人の健康と人間関係に大きな影響を与えます。

マインドコントロールを利用して、怒りを抑える方法を知っていれば、日常生活で非常に役立つでしょう。

そこで、専門家が教える「怒りをコントロールする9つの方法」を紹介します。

 

 

1.言葉にする前に、状況を整理し落ち着く

 

怒りに任せて言葉を発すると、後で後悔することになるでしょう。

そこで、話をする前に少し時間を置いて、現在の状況や相手の立場などを考えてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213158j:plain

 

2.落ち着いてから、怒りを表現する

 

決して、強い口調やきつい言葉を発するわけではありません。

あなたが感じている感情を相手に伝えるのです。その感情を抑えることなく、あなたの懸念事項を直接伝えましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213308j:plain

 

3.運動する

 

体を動かすことで、ストレス解消につながります。

落ち着いて考えようとしても、怒りが湧いてくるときは、散歩やランニングをしてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213406j:plain

 

4.タイムアウト

 

いったん試合中断し、休憩をとることも必要です。

問題を一度忘れて、静かにすごしてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213503j:plain

 

5.解決策を見つける

 

問題にばかり目を向けて怒りを爆発させるより、解決策に目を向けましょう。

解決策を見つけない限り、怒りは収まらないでしょう。

できるだけ集中して、解決策を考えてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213559j:plain

 

6.恨みをもたない

 

「許し」は最強のツールです。怒りと否定的な感情が、肯定的な感情に変わるよう誘導すれば、苦しみや不安感をなくすことができます。

あなたを混乱させる人を許すことができれば、状況は変化するでしょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213701j:plain

 

7.ユーモアで緊張を開放する

 

怒りを笑いに変えることは、難しいかもしれません。

しかし、状況に応じて適切なユーモアを交えれば、緊張は緩和され、怒りを分散できるでしょう。

ただし、人をけなして笑いをとるようなことは避けましょう。状況が悪くなるだけです。

 

f:id:bryan0230:20171107213754j:plain

 

8.リラックスする練習

 

腹が立っているときほど、意識してリラックスするよう心がけてください。

たとえば、「あ~」や「しゅ~」などと繰り返し声に出してみたり、音楽を聴く

ヨガをするなどです。

深い呼吸を意識するとよいでしょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213845j:plain

 

9.助けを求める

 

怒りをコントロールする方法を身に着けることは簡単ではありません。

そんなときは、周りに助けを求めることも必要です。

まずは、周囲の人に自分の感情を伝えてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171107213935j:plain


スポンサードリンク