好きな口紅の色でわかる10タイプの性格

f:id:bryan0230:20171114211857j:plain

 

メイクをするときに欠かせない口紅ですが、選んだ色には、その人の性格が投影されているとご存知でしたか?

イタリア・ローマ出身の作家Giovanna Boldrini氏の記事を参考に、口紅の色でわかる10タイプの性格を紹介します。

 

1.真っ赤 → 自信と情熱に溢れる人

 

真っ赤な口紅をつけることができるのは、自信の表れでもあります。

周りから称賛されることが好きで、情熱的なタイプです。

セクシーに見えることに偏見がありません。

いつもより大胆な自分になりたければ、真っ赤な口紅を選びましょう。

 

f:id:bryan0230:20171114211937j:plain

 

2.薄い紫(モーブ) → 計画性があり忍耐強い人

 

少し灰色がかったライラックのような色を選ぶ人は、派手さはありませんが、自分がやるべきことを把握して、慎重に計画的に物事を進めるタイプです。

また、忍耐強さも持ち合わせています。

ビジネスの場面など、相手を説得するようなときは、モーブ色の口紅が活躍してくれるでしょう。

 

f:id:bryan0230:20171114212005j:plain

 

3.落ち着いた赤 → 謙虚な人

 

真っ赤ではなく、明るさを抑えた赤色の口紅をつける人は、謙虚な心の持ち主でしょう。普段は物静かですが、決してつまらない人ではありません。

時間をかけて深く知ることができる、落ち着いた人なのです。

最初のデートで相手に、「どんな人なのかもっと知りたい。」と興味を抱かせたいのなら、落ち着いた赤い口紅で出かけましょう。

 

f:id:bryan0230:20171114212036j:plain

 

4.ピーチ色 → 優しく寛大な心を持つ人

 

桃のようなピーチ色の口紅を好む人は、優しく心の広い人です。

家族や友人への労力を惜しみません。また、知らない人から親切にされることも多いでしょう。

優しい気持ちで人に接したいときは、ピーチ色をつけてみましょう。

 

f:id:bryan0230:20171114212108j:plain

 

5.青みがかったピンク → 大胆な冒険家

 

目が覚めるようなはっきりとしたピンクの口紅は、自分のワイルドな一面を他人に見せることを厭わない、そんな大胆な人が好む色です。

新しいもの好きで、知らない世界への好奇心が強いでしょう。

一歩踏み出すのに躊躇するときは、青みピンクの口紅をつけると、勇気が湧いてくるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212138j:plain

 

6.ワイン色 → 魅惑の世界を楽しむ人

 

ワイン色を好む人は、人生のあらゆる場面で、その瞬間を楽しむ余裕のある人です。

また、スリルのある恋愛を楽しむのも得意でしょう。

恋人とのマンネリを感じている人は、ワイン色の口紅で新鮮さを取り戻せるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212208j:plain

 

7.ベビーピンク → いつまでもキュートな人

 

自分をかわいく見せたい、かわいいものが好き、まるで少女のような人です。

物事を選ぶ基準は、見た目がいいかどうか。

まわりから冷たい印象を持たれている人は、ベビーピンクの口紅が、優しくフレンドリーな一面を引き出してくれるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212242j:plain

 

8.ベージュ → 関係を重視する人

 

肌の色に近いベージュを選ぶ人は、人とのより強い関係を求めている人です。

表面的な浅い付き合いには興味がなく、深い絆で結ばれた関係を重視します。

もし、あなたの状況が不安定ならば、ベージュの口紅をつけることで、地に足がついた頼りがいのある自分になれるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212307j:plain

 

9.奇抜な色 → アーティスト肌の人

 

青や緑、黄色など、一般的に使わない色を好む人は、創造的なアーティスト肌の人でしょう。他人がどう思うかより、自分がどうしたいかを優先するのです。

もし、果敢に挑戦したいのなら、一度奇抜な色を試してみると、新しい自分に出会えるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212335j:plain

 

10.ブラック → 心に闇を抱えた人

 

ブラックの口紅を好むのは、心に暗い部分を持っている証拠です。

少しマニアックな趣味を持っていたり、独特な存在です。

しかし、誰もが心に闇を抱えています。

自分の知らない心の闇と向き合いたいなら、ブラックの口紅を試してください。

新たな発見があるかもしれません。

 

f:id:bryan0230:20171114212400j:plain

 


スポンサードリンク