体は疲れているのに眠れない時の解決法


スポンサードリンク

質の良い睡眠は、健康な体づくりに必要不可欠です。体と脳がリラックスして、目覚めたときにすっきりした気分になるのが理想的な睡眠です。


しかし、時には体は疲れているのに、なかなか寝付けないこともあるでしょう。
不思議なことですが、眠るためにも体力が必要なのです。昼間に仕事や勉強に忙しく、体力を消耗していると、不眠症を誘発する恐れがあります。

 

今日は、不眠症対策に効果的なセルフマッサージ法を紹介します。
お金をかけず、自分で行える手軽な方法で質の良い睡眠を手に入れましょう。

 

1.左の手の平の中心あたりを30秒〜1分程度ぎゅっと押す

f:id:bryan0230:20171222000924j:plain

 

2.右手は拳を握った状態で、手首の内側を30び〜1分程度ぎゅっと押す

f:id:bryan0230:20171222000937j:plain

 

3.左手の下あたりの突出した部分を、30秒〜1分程度ぎゅっと押す

f:id:bryan0230:20171222000948j:plain

 

4.右の手の甲を30秒〜1分程度ぎゅっと押す

f:id:bryan0230:20171222001000j:plain

 

5.左手の親指の付け根をつまむようにして、5〜10回程度押す

f:id:bryan0230:20171222001010j:plain

 

簡単なマッサージですが、ケイゾクすることで効果が期待できます。
ぜひ試してみてください。


スポンサードリンク