歩く速度と死亡する危険度の関連性


スポンサードリンク

f:id:bryan0230:20180509223035j:plain

'自分は歩く速度が遅い'と考えている人たちは'自分は歩く速度が速い'と考えている人たちに比べて、心臓疾患で死亡する危険度が高いという研究結果が発表されました。

この研究は、英国に居住する約42万人の中年男女を対象に、6年間追跡調査した結果です。

被験者たちは調査が始まった時点から、ガンや心臓疾患などの問題がなく、調査期間、運動習慣、食生活、飲酒と喫煙などの個々の要素を反映した実験結果です。

被験者たちに自分の歩く速度を'ゆっくり'、'平均'、'早い'のどれに該当すると思うか、さらに、それぞれの運動レベルを判定するための運動テストも並行して実施しました。

 

f:id:bryan0230:20180509223139j:plain

この調査期間中に死亡した被験者は約8,600人で、そのうち心臓疾患を原因で死亡した人は約1,650人でした。

調査の結果、自分の歩く速度を'ゆっくり'と答えた人たちは'早い'と答えた人たちにくらべて、心臓疾患を理由に死亡した割合が、約1.8~2.4倍高いことが明らかになったのです。

 

f:id:bryan0230:20180509223323j:plain

研究者らは、その理由について、年齢に比べて筋肉量の低下が大きいためと推定しています。
言い換えれば、ゆっくり歩く人たちは速やかに歩く人たちに比べて運動量が低く、そのため、心臓疾患の危険性が高いと判断できます。

 

f:id:bryan0230:20180509223344j:plain

英国レスター大学のTom Yates教授は、歩く速度によって、運動量を把握することができ、心臓疾患にかかった確率が高い人を知ることができると話しています。

ただ、歩く速度やガンの間に関連性は見つけられなかったとします。

心臓疾患の予防のために、きょきら歩く速度を少し速くしてみましょう。

 


スポンサードリンク