天寿を全うし自然に還る 百獣の王の最後の瞬間


スポンサードリンク

猛獣の象徴であり、百獣の王と呼ばれる雄ライオンの最後の瞬間がカメラに収められました。

老いてやせ細ったこのライオンは、アフリカの国立公園で、偶然その姿を発見した写真家によって撮影されました。

f:id:bryan0230:20180517204752j:plain

やせ細った体では、もう狩りもできません。食べるエサもなく、骨と皮だけになったライオンは、残っている力を振り絞るように歩き続け、自分が最後の瞬間を迎える場所まで歩き続けたのです。

このライオンの姿をとらえた写真家のラリー・パネル氏は、自身のブログで写真とともに、その瞬間の様子を次のように語っています。

 

~限界まで歩き続けた雄ライオン~

f:id:bryan0230:20180517205007j:plain

カメラをライオンに向けた時、なんとも言えない違和感を覚えた。
望遠レンズ越しに確認したところ、ライオンの体半分が妙な角度で曲がっていることに気づいた。

f:id:bryan0230:20180517205030j:plain

その後、水を飲み立ち上がったライオンを見た瞬間、言葉を失った。

そのライオンは、やせ細り、骨と皮だけ残っていたのだ。

次の瞬間、ライオンはどっしりと大地に横たわった。
最後の瞬間がすぐそこまで来ていることは明らかだった。

まもなくして、象の群れが水辺に集まってきた。

f:id:bryan0230:20180517205101j:plain

草むらに横たわるライオンを見つけた象がおどろいた様子で、耳を大きくはためかせながら、仲間に危険を知らせるために大きな鳴き声を上げた。

車に乗ったまま2メートルほどの距離まで近づき、その様子を見守った。

死に瀕する命を目の前にして、なんとか助けたいという思いに駆られた。

そして、ついに最後の瞬間が訪れた。

呼吸は停止し、百獣の王は静かにこの世を去った。

f:id:bryan0230:20180517205141j:plain

f:id:bryan0230:20180517205156j:plain

ブログを読むと、最後の瞬間が生々しく感じられます。
写真家のパネル氏は、これまでに自然災害で犠牲になった人々を撮影した経験があり、大変な悲しみの中で取材をしたが、今回は違う感情を抱いたと言います。

威厳のあるライオンがこの世を去った瞬間、悲しいよりも強い意志を感じたそうです。

天寿を全うし、この世を去ったライオンの最後の瞬間でした。

 


スポンサードリンク