ワークライフバランスを維持するために欠かせない7つのこと


スポンサードリンク

f:id:bryan0230:20180607222000j:plain

みなさんがもし、仕事環境に満足できず、仕方なく続けている人間関係にうんざりしているなら、ワークライフバランスについて考えてみる必要があります。
仕事とプライベートのバランスが保たれていると、人生の満足度は上がり、より多くの夢を実現することができるでしょう。

今回は、ワークライフバランスを維持するために欠かせない7つのことを紹介します。

 

1.優先順位を把握する

f:id:bryan0230:20180607222057j:plain

ものごとの優先順位は人によって様々です。
仕事のために家族との時間を犠牲にした結果、成功したキャリアを手にしたけれど、幸せな家庭生活は得られなかった、とはよくある話です。
仕事と家庭と優先順位をはっきり決めて、調和のある生活を手に入れましょう。

 

2.仕事とプライベートをはっきり分ける

もし、仕事の開始時間と就業時間が決まっていなかったら、家族と食事している間でさえ仕事のことで頭はいっぱいでしょう。
仕事の後に、プライベートな予定がなければ、ついつい残業をしてしまうこともあるでしょう。
しかし、理想的なワークライフバランスを手に入れるためには、仕事とプライベートの境界線をはっきりさせる必要があります。
なかなか安易ではありませんが、時間は管理するものだと意識して日々のスケジュールを立てましょう。

 

3.断る勇気を持とう

人からの頼まれごとや提案を断ることは、勇気がいるものです。
しかし、すべてを引き受けるほどの能力と余力はありません。
どのくらいの時間とエネルギーを必要とするのかを慎重に検討して引き受ける必要があります。そして、生活の調和に支障があると判断したら、勇気を出して断りましょう。
断り方次第では、その後の人間関係に悪影響を及ぼす恐れもありますので、断り方を工夫しましょう。

 

4.スマートフォンに依存しない

f:id:bryan0230:20180607222156j:plain

スマートフォンが普及した今、手元にないと不安でたまらない、という人も多いでしょう。
しかし、この便利なスマートフォンが私たちのワークライフバランスを崩す原因のひとつでもあるのです。
試しに一日スマートフォンなしで生活してみると、私たちの人生がどれだけ平和で余裕があるのか悟ることができます。
手放すことは難しいですが、あらゆる通知音をOFFにするだけでもかまいません。その効果を実感してみてください。

 

5.仕事は集中して終わらせる

f:id:bryan0230:20180607222405j:plain

費やした時間数と成果は比例しません。
それにもかかわらず、遅くまで残業して仕上げた仕事ほど、完成度が高いとみなされる風潮が少なからず残っています。
結果に焦点を合わせて、より生産性の高い仕事を目指しましょう。

 

6.だれかの手を借りることも必要

自分がやらなければ誰がやる。という考えはもう捨てたほうが良いでしょう。
他の仲間でもできることならば、仕事の効率を考えて分担するようにしてください。
家庭でも同じです。日々の買い物や掃除などを分担すれば、より多くの時間を確保することができます。

 

7.健康維持につとめる

f:id:bryan0230:20180607222508j:plain

ワークライフバランスを維持するために欠かせない最も大切な要素です。
健康的な食事と、定期的な運動でよい健康状態をキープしましょう。
自分が健康で充実してれば、周りにもよい影響は伝わります。

以上、ワークライフバランスを維持するために必要不可欠な7つのことでした。
自分の状況がどうであれ、すぐに取り組めそうなものから実践してみましょう。