目だけと出会ってもけんかした'ギャング団'たちが喧嘩止めて作っている'遊び場'


スポンサードリンク

f:id:bryan0230:20180816231322p:plain

日本だけでなく全世界的に最も頭を悩ませる犯罪の一つは暴力組織による犯罪です。

ギャング団、マフィア、三合会、カルテルなど、その名前が違うだけしたことは同じです。 暴力を利用して悪いことばかりを選んでするんです。

 

 

f:id:bryan0230:20180816231409p:plain

米国シカゴもギャング団の暴力事態が慢性的な問題でした。 ところが最近、米国CBSシカゴニュースはシカゴにある一団が、北朝鮮プルマン地域には子供のための遊び場を作っているのだと伝えたんです。

 

暴力に飽きを感じた競争の住人がどのような暴力もなく8ヵ月間、ボランティアたちと一緒に力を合わせて遊び場を作っています。

f:id:bryan0230:20180816231436p:plain

事実彼らは利権争いで数年間、戦争を繰り広げました。 争って戦うのは基本で、民間人が住む地域で、総けんかも躊躇しなかったんです。

 

f:id:bryan0230:20180816231501p:plain

ギャング団のメンバーの一人であるシャーマンスケル楽はCBSシカゴとのインタビューで"これは都市が平和になった。 心配する必要はない"と述べました。

 

 

f:id:bryan0230:20180816231524p:plain

これらの休戦協定を助けたのはシカゴ警察のヴィヴィアン・ウィリアムズにギャング団の暴力、戦争を止めることを仲介したと言うのにです。

 

ウィリアムズは"多くの若者がギャング団の戦争のために銃撃を受け、そのうちどこの誰も自分たちが何のために戦っているのか知らなかった"と述べました。

f:id:bryan0230:20180816231546p:plain

命がけで戦っていた暴力組織が仲良く遊び場を作る姿は本当に驚きですね。