'昼寝'がもたらす健康効果6


 

厳しい現実のために、学生やサラリーマンはもちろん、乳幼児さえも寝不足と言われた日本人らにとって昼寝という贅沢だと考えられかもしれません。 しかし。 


スポンサードリンク
 

 

英国メディアのデイリー・テレグラフは'英国昼寝の日'(National Napping Day)を迎え、昼寝がもたらす健康の恩恵について探ってみました。 贅沢だと思われるができる昼寝が我々にもたらしてくれる健康効果について紹介します。

 

1. 精神をきれいにしてくれます。

 

お昼食事前にしばらくの間の昼寝は夜間に熟眠を取ることと同様、精神をきれいに創出する効果があります。

過去ハーバード大学の研究結果によると、昼食前60~90分ほど昼寝を取る場合、夜間に8時間睡眠をとったことに匹敵する思考力回復が行われるという事実が明らかになりました。

 

2. 心臓麻痺を防ぐことができます。

 

昨年、ギリシャ科学者たちは400人余りの成人男女を対象として研究を行った結果、昼寝が血圧を下げて心臓発作の危険性を減少させるという事実を突き止めたと発表しました。

 

彼らによると、正午ごろに昼寝をした人たちの場合、ずっと起きていた人たちに比べて後でもっと低い血圧を記録しました。


スポンサードリンク
 

 

3. 生産性を向上させます。

 

英国・ユニバーシティカレッジ・ロンドン(UCL)の教授のヴィンセント・ウォルシュは企業が午後に30~90分ほど睡眠時間を保障してくれるならば、全般的な生産性向上を図ることができると主張します。

 

彼は"夜だけ睡眠時間を集中させる生活習慣は産業革命以降に登場したこと"だとし、"(昼寝で)頭脳に休憩時間を与えることが最善"と話しました。

 

4. 幼児の性格形成に影響を与えます。

 

米国コロラド大学ボルダーキャンパスの研究チームの2012年の研究結果によると、周期的に昼寝自分を拒否した乳児はさらに憂鬱で感情的な人になる可能性が高いです。


スポンサードリンク
 

 

研究結果、昼寝を寝なかった幼児らは、その後さらに多くの不安を感じ、自分の周りの世界に対する関心が相対的にもっと書きました。

 

5. 間違いを防止してくれます。

 

効果的な睡眠方法などを研究する米国立睡眠財団(NSF)によると、昼寝は覚醒度を回復させて業務能率を強化する効果を持っています。

米航空宇宙局(NASA)も、類似した研究結果を出したことがあります。

 

NASAは、戦闘機操縦士や宇宙飛行士たちに40分間、昼寝を取らせる研究を進めた結果、覚醒手伝って作業効率がそれぞれ100%、34%向上した事実を確認したと明らかにした。

 

6. ストレスを減らしてくれます。

 

ラテンアメリカ及び地中海沿岸諸国の中には、伝統的昼寝風習である'シエスタ'を持つ国家があります。 ところでスペインは2005年生産性低下を理由にシエスタを廃止することに達します。

 

これに様々なスペイン科学者らは、研究を通じてシエスタは国民の健康に利益をもたらすという点を明らかにし出して努力しました。

 

 

これらの科学者によると、昼食直後の昼寝はストレスを減らす、心血管機能を強化して覚醒も(alertness)と記憶力を強化する効果を持っています。 ただし、適切な昼寝の時間については意見が多様化したが、一部は30分以下の睡眠を持つことを奨励する一方、他の一部は15分を上限として提示しています。


スポンサードリンク