米国とソ連当計画していた「月面基地建設計画」

東西冷戦のピークであった1960年〜1970年代には、アメリカとソ連は、それぞれの月に軍事基地を建設する計画に熱を上げていた。

 

f:id:bryan0230:20180830083811p:plain

互いに「敵国に月に基地を作り、頭から核標的になると大変だ」という恐怖と、あとは韓国の宇宙科学技術がより敵より優れているという大国の意志のやりがいで出てきた計画だった。


スポンサードリンク
 

 

特に米国は心から月の軍事基地を計画して、そのための予算も計上していたが、最終的には天文学的な予算と非現実的な技術によって計画は挫折した。

 

今の科学技術さえかなり難しかったと思われるが、当時はどのような計画が立てられたのだろうか?

 

f:id:bryan0230:20180830083835p:plain

1. ソ連の遅れ、米国の焦り

 

1957年10月4日、ソ連は世界初の人工衛星スプートニク1号」の打ち上げに成功した。スプートニク1号は57日の間、地球を一周して、地球に向けて電波を発信した。

 

これ最も衝撃を受けたのは米国だった。今まで自分たちが科学技術分野で最高であると信じていた...ソ連に遅れてしまったという自負心に大きな傷を受けたものである。また、ソ連は1967年にロシア革命50周年を「人類初の月面着陸」でお祝いしようとしている計画も伝えらたので....

 

f:id:bryan0230:20180830083918p:plain

このニュースは、米国の軍事関係者を驚愕させてしまった。

 

もしソ連が月をソ連の領土と宣言、しかも月に核ミサイル基地を作ってしまった場合には、米国は夜に足伸ばし睡眠もよくできない状況に陥ってしまうだろう...

 

だから米国はできるだけ早く急い月に軍事基地化計画書を作成し、それはプロジェクトホライゾンというプロジェクト。


スポンサードリンク
 

 

2. プロジェクトホライゾンは?

 

プロジェクトは大きく3段階に分けることができる。

 

第1段階:貨物輸送

1965年1月から順次、無人ロケットを月に送り、基地建設に必要な建築資材を輸送。すべての建築資材が月に到着すると、2人の宇宙飛行士が月に降り、資材をチェック。この作業は、30日に90日程度かかることと予想。

 

f:id:bryan0230:20180830084002p:plain

f:id:bryan0230:20180830084012p:plain

 

第2段階:居住空間の構築

半年後に12人の宇宙飛行士が建築現場の構築のために月に派遣した。

 

まず、作業員が寝食できる居住空間のゲムプを造る。居住空間は、直径10フィート、長さ20フィートの円筒金属タンクにブルドーザーで土地を掘り、その中に満たす。


スポンサードリンク
 

 

居住空間は、放射線や極端な温度変化、または隕石や揺れなどの物理的な脅威から身を守るために月の地下を掘り、地中に建設する必要がある。

 
第3段階:軍事基地建設

居住空間が完成したら、宇宙飛行士は、恒久的な居住空間を改造研究所とする。電力は基地から安全な距離に埋設されている2基の原子炉で供給される。 12人の宇宙飛行士による組立作業は1年かかる、予定では、1966年11月までに恒久的基地が完成すると見通した。

 

月の軍事基地の兵器

プロジェクトホライズンはソ連軍が攻撃してきたときを想定した武装計画を策定していた。しかし、場所は月なので、宇宙で使用することができていることを想定した武器のアイデアが書かれている。

 

宇宙仕様の合計

ソ連が基地を急襲したとき、宇宙飛行士たちは、銃を持って戦わなければならない。しかし、彼らは厚い宇宙服を着ているので、正確に敵に向けることは難しいだろうと想定。

 

そこで考えたのが、漢方漢方狙うのではなく、散弾銃のように広範囲に弾を発射する装置で、兵士が衛星電話のような自己のボタンをクリックするか、特定の地域にソ連軍兵士が侵入したとき、地上に設置された発射台から一斉に弾丸が発射される武器が提案された。

 

宇宙仕様のバーエチューカ

2.5キロから10キロ近くの範囲ターゲットに小さな核弾頭を発射するバズーカのような武器が想定されていた。

 

f:id:bryan0230:20180830084106p:plain

 

上の画像は、1950年代後半に米国が開発した「デイヴィコロッケ」という簡易核爆弾発射装置で、これを改良して、スタンバイない月での敵を攻撃するために提案されたもの。


スポンサードリンク
 

 

実際にこれを無重力月から発射すればある程度の威力があるのか​​、月に核実験が行われたことがないので正確に知ることができないが、一つの基地隊員を壊滅させることができるほどの威力がなかったか?

 

宇宙仕様の熱狂線

また、宇宙自体武器として有名な「アルキメデスの熱光線」のような武器を作ることができないかと考えていたのだ。鏡やレンズを利用して太陽光を反射させて、ソ連の宇宙飛行士に向かって合わせ焼いてしまうことだった。

 

この他にも、電子加速器という装置で発射された中性子またはガンマ線ビームの開発も提案された。

 

3. なぜプロジェクトホライズンは実行されなかったか?

 

おそらくコストだろう。実行するのには60億ドル(現在の500億ドル)とベースを保護するために使用される武器を開発するために2500万ドルを要すると推定された。それは1959年当時には、かなりの量だったが、関係者はその額が1年の国防予算の2%未満に少なかったし、また、ソ連が先に月面基地を建設してしまった後であれば、より高い金額が入ると主張する。

 

しかし、この予想は、あまりにも過小評価しまっ...アポロ計画は、1969年から1972年まで6回の月間着陸と七1回の失敗があったが、その総額は約250億ドルの費用がかかり。もし229回の月面着陸をいたならば、約1兆9000億ドルの費用が...

 

だから50億ドルと予想したのは、あまりにもとんでもない金額だった...

 

幸いなことに、当時の大統領だったアイゼンハワーは賢明にも、この狂った提案をすぐに破り、「まずは月に人を着陸させること」という目標を立てて、次の年に「米国航空宇宙局(NASA)」が設立され...きちんきちんと実行することに〜

 

4.  ソ連月面基地計画」ズベズダ」

f:id:bryan0230:20180830084248p:plain

しかし、ソ連は、米国の軍事関係者が懸念していたように、米国より4年後の1962年から1967年までに月の軍事基地建設計画を策定して検討していた。

 

プロジェクト名は「ズベズダ(星という意味)」

 

もともとはソ連の総合的な月の戦略の一環として、月面着陸の延長線上に位置付けられていたが、1969年7月に米国初の月面着陸に成功し、米国の成果を上回るしようと月の軍事基地の建設に力を注いで開始...

 

基本計画は、プロジェクトホライゾンと似ており、まず居住空間になる材料を月に送り、後で宇宙飛行士を送信建設作業に臨むことだった。

 

居住空間は円筒形のモジュールになっており、内側は圧縮空気で満たされている。モジュールは、車輪が付いており、機関車のように、ある場所から別の場所に移動することができているデザインであった。

 

プロジェクトホライゾンのように電力は、原子炉から供給、気温の変化と隕石の衝突などを防止するための土地を掘って地下に移動することも検討されていた。

 

しかし、月に人を送るために開発されたロケット「N-1」は、技術的な問題に続いて資金的な問題で、4回の打ち上げが失敗に終わって最初の部分からきしみ台が計画が挫折。うろうろしている間、1967年に宇宙の平和的利用を国際的に定めた「宇宙条約」が締結されてズベズダ計画は社長されてしまった。


スポンサードリンク