タイ'クラビ'に向かう自由旅行、コースが苦悩したら?

まばゆい青い海が迎えするクラビ旅行

 

ポダアイルランド

f:id:bryan0230:20180918200109p:plain

クラビで楽しめるアイルランドツアーは、洪アイルランド、トプアイルランド、チキンアイルランド、ポダ、アイルランドが最も代表的なコースだが、このツアーのハイライトといえるところがまさにポダアイルランドだ。


スポンサードリンク
 

 

床が見えるほど澄んだ海でシュノーケリングをしながらサンゴや数多くの熱帯魚を会った不思議な体験ができる。 透明な海で楽しむ水泳とともに、珊瑚粉で作られ、まばゆい白い砂浜で日光浴を楽しんでいればここがまさに天国ではないかと思う。

 

エメラルドフル

f:id:bryan0230:20180918195916p:plain

自然が作ったエメラル光の自然湖、エメラルドプールでは驚異を感じることができる。 入り口から鬱蒼とした森の道を沿って歩いていると、エメラルド草を会えるけど行く道も美しくて森林浴もできるため、一石二鳥だ。 エメラルド草は適当に温かい水温を持っているので、水遊びすることにもおあつらえ向きだ。 エメラルドプールで約15分ほど歩くとより濃い青味を帯びた神秘的な感じのブルー草を会うことができる。 代わりにここは行くことができず、目だけで風景を大切にしなければならない。

 

ホット・ストリーム

f:id:bryan0230:20180918195924p:plain


スポンサードリンク
 

 

クラビには自然が作り出した不思議なところが多数ある。 その中の一つがまさにホットストリームを通じ、水温30~40度を行き来する温泉渓谷である。 規模は大きくないが、山から渓谷に沿って温泉水が階段式に滝のように流れ落ちて約1m程度の深さを持っているため、水遊びをしにも良い。 暖かさを感じることができる温度、足だけつけていても旅行の疲れが簡単に晴れたような感じだ。 観光客だけでなく、現地人たちも好んで訪れるところであり、若干の入場料がある。

 

アオ南陽市

f:id:bryan0230:20180918195938p:plain

旅行で自然の風景だけを眺めることは多少退屈なこともできる。 この時訪問すれば良いところがアオ南陽市内にクラビで最も賑やかなところだ。 そのため、街頭食べ物もたくさん売ってレストランやパブ、バーなどもあふれて、楽しい音楽と旅のロマンを楽しむことができる。 夜店が開かれれば、街の随所ではさまざまな品物を売ってる商店もあって、その周辺も豊富で、ここで記念品を買ってもいい。 タイの他の都市のように遅い時間まで賑わっていないが、静かな街の騒ぎでない忙しさと夜景を楽しむことができる場所だ。

 

マングローブの森

f:id:bryan0230:20180918195949p:plain

川に根を置いて生えているマングローブの木は、我が国では容易に見つけることができない。 それでここでカヤックに乗ってマングローブの森と洞窟の合間を行くと、とても異国的な経験をすることができる。 タイ政府レベルで保護している奇岩怪石と鍾乳石、マングローブの森を直接見るとまるでジャングル探険を離れているような感じを受ける。 天恵の神秘な景色を相対しながら、バギオの時間は止まったような気持ちを経験することになるだろう。

 

洞窟カヤックツアー

f:id:bryan0230:20180918200004p:plain


スポンサードリンク
 

 

クラビのタムボク消しとは国立公園では韓国でめったに見られない多様な生物や植物を見ることができる。 しばらく仰ぎ見るやっとその最後が認識されない背の高い木々が勢ぞろいした熱帯雨林の中を歩き、澄んだ空気で体と心を浄化することができる。 ここで楽しむ人気のあるアクティビティは、洞窟カヤックツアーでよく保存された国立公園内の洞窟を近くで鑑賞することができる。 最も有名な洞窟はピフアト洞窟だが、古代の原始人が絵の登山靴が刻まれている。

 

虎社員

f:id:bryan0230:20180918200130p:plain

タイ現地人たちも供養をするため多く訪れる寺院で、タイ南部地方でも指折りの査察の一つである。 以前に社員近くの洞窟の中で虎と共に随行していた僧侶があるとしてここが'虎社員'と呼ばれている。 現在も石灰岩洞窟で瞑想をしながら道を磨いた僧侶たちもたびたび目にする。 特に、ここは削られそうに高くそびえている山頂に位置しており、社員に上がれば、クラビ全体を一目で見下ろすことができる。 首位に立つまで、およそ1,237個の階段を上らなければならないが、行く道に眺める自然風景もカッコいいし社員に到達した際黄金の塔と巨大な仏像も見ることができる。

 

ライルレイビーチ

f:id:bryan0230:20180918200139p:plain

ライルレイ映る巨大な絶壁で隔たっているためにアオ南陽ビーチやクラビ市内でロングテールボートに乗るしか入ることができる。 ここが有名になった理由は、奇岩絶壁が創り出す幻想的な風景のためだ。 素敵な絶景を誇るために目に留めておいてもいいが、普段はロッククライミングに関心があったり、楽しむなら、挑戦してもよい。 岩壁登山を行うことも、洞窟探検やトレッキングまでロック・クライミングのマニアたちのための最高のコースが用意されている。

 

乗ってフォームクルロン宋人

f:id:bryan0230:20180918200149p:plain

名前がやや難しいが、二つの水が出会う所という意味を持っている。 山から流れてくる水と海水が会うのに海水が引いた時にも言い表わせないほど美しい風景に向き合うことになる。 この時が最も透明で清らかな水の色を帯びているが、内側に近付くほど、エメラルド色の水が流れる。 現地人たちもここにピクニックをたくさん行くほど愛された場所であり、行く道に美しい林道が広がって軽い気持ちで歩くにはいい。

 

アオ南陽ビーチ

f:id:bryan0230:20180918200158p:plain

もともとアオ南陽は小さな漁村だったが、長くて、広々とした浜辺が次第に知られ始め、タイ南部の代表、海辺に位置づけられた。 緩やかな海岸線に沿って4、5つ星級のスキー場もずらりと立ち並んでいてビーチビューを見ることができる客室も多い方だ。 ホテル、リゾートなどと接近性が良いという長所もあるが、ここが、愛されるまた、他の理由は、まさに幻想的な日没のためだ。 色とりどりに染まる日没だよいつみても美しいが、海と余裕があるここから眺める日没は一生、記憶に残るような場面だ。


スポンサードリンク