19年目ボア、また進化したKポップ先駆者

f:id:bryan0230:20181025174047p:plain

 

デビュー19年目の'韓流先駆者'ボア(32)が女性の話を代弁する。 デビュー19年目の'韓流先駆者'ボア(32)が女性の話を代弁する。 

 

ボアは24日、ソウル江南区に位置したエスエムタウン(SMTOWN)のコエックス・アティウムで正規9集'ウーマン'(WOMAN)発売記念ショーケースを開いた。 9枚目アルバムは、同日午後6時、各種オンラインの音源サイトを通じて公開され、ファンの爆発的な関心を受けた。 


スポンサードリンク
 

 

ボアは"アルバム出てくる日は緊張してて震えたりもする。 熱心に準備した課題を先生から検査されている気分"とし、緊張感を仄めかした。 19年、貫禄のボアジが、アルバムを出すたびに訪れる緊張感は依然とした。 

 

最近に入ってさらに積極的な動きを見せているボアは"これから20周年をどのようにもっと楽しく迎えることができるだろうかと考えた。 数年間他の仕事ばかりしていたティーファンたちが音楽をしないかとしきりに怒ったよ"と笑った。 

 

今回のアルバムには、タイトル曲'ウーマン'を含め、計10曲が含まれた。 このうち4曲はボアが作詞・作曲に参加した。 作詞に参加した曲を含めると計6曲に直接参加し、音楽への情熱を燃やした。 ピビアルエンビ(PB R&B)、プログレッシブハウス、シンセポップ、アルエンビ・フューチャー・ベースダンスなど、ジャンルもより多彩なものになった。 

 

ボアは"すごくさまざまな色の曲を盛り込んだ"、"ファンが聞いているうちに多く、決して楽しいものではないかと思われる"と期待感を伝えた。 

 

f:id:bryan0230:20181025174103p:plain

 

ボアはアルバムのタイトルを'ウーマン'に決めたことについて"様々な女性の姿を見てもらってシプダオッダ"、"女性が持った感情の変化を表現してほしいという思いがあり、作ったため、統一性が生じた"と話した。


スポンサードリンク
 

 

タイトル曲'ウーマン'は軽快なサウンドにボアの涼しげなボーカルがよく調和したポップダンス曲だ。 ボアは"デモタイトルから'ウーマン'だったためタイトルに合う素材に歌詞を書きたいけど、多くの方々が'ガールズきた塔'と関連づけた。 'ガールズきた塔'が少女の堂々さならウーマンは、女性の堂々さを盛り込もうとした"と説明した。

 

さらに、ボアは"'ウーマン'はデリケートな単語だ。 直接歌詞を書いて歌うということが難しいした"、"私が見てもかっこいいと考える女性像が何だろうか悩みをたくさんした。 何か私に対する話というよりは'私もこのようになりたい'というワーナー匪賊な女性像を表現したかった"と付け加えた。

 

f:id:bryan0230:20181025174119p:plain

 

いつのまにか30代になって後輩たちと競争するようになった感想も伝えた。 ボアは"10代と20代、30代は確実に差があるようだ。 ダンスだけ見れば、20代にはスキルが向上したみたいで、30代には線がきれいになったようだ。 より女性らし線が出て10代の時はこのようなダンスが下手ではないかと思う"、自信を見せた。

 

しかし、体力に対する心配がないわけではない。 ボアは"(体力管理のために)禁酒をして地道な運動をしている。 ヘルスもまたやっている"、"ミュージックビデオのイントロで私が逆さまにして登場するが、腹筋の力で耐えなければならない。 素敵な姿でカムバックするために多くの、静かな努力をした"とエピソードを伝えた。

 

最後にボアは"音楽と音楽を聞いているファンたちが最も大きな原動力"だが、ファンに対する感謝の気持ちを忘れなかった。 ボアは"音楽をこのように楽しみながらやれるというのが最も大きな幸せだ。 いい音楽を聞かせてあげと、多くの時間を送っている"、相変わらずの音楽活動を予告した


スポンサードリンク