爪の甘皮を除去するといけない理由


スポンサードリンク

f:id:bryan0230:20171106222101j:plain

 

ネイルケアに興味のある人なら、爪の「甘皮処理」についてよくご存じだと思います。

ネイルアートは、女性にとって欠かせない楽しみのひとつとなりました。

甘皮処理は、ネイルの仕上がりを美しくするために必要とされています。

しかし、処理方法を誤ると、健康に影響を与えることもあるので注意が必要です。

 

甘皮処理をすると、爪の表面に小さな傷が残ります。そこから、細菌やカビが侵入することがあるのです。甘皮処理をすれば、ネイルの仕上がりはより美しくなりますが、実際には、細菌感染のリスクもあるのです。

 

f:id:bryan0230:20171106222259j:plain

 

▲甘皮とはなに?

 

爪の根元部分にある、表面を覆う細胞が、部分的に硬くなっているキューティクル層のことです。

水分の蒸発を防ぎ、細菌の侵入を防ぐ働きがあります。

爬虫類のうろこや、鳥の羽などは、その表面がキューティクルで覆われています。

 

f:id:bryan0230:20171106222506j:plain

 

▲甘皮を除去するとどうなる?

 

誤った方法で甘皮除去をすると、爪が弱くなります。

ナイフやはさみ等で細かな傷がついた場合は、細菌感染する可能性があります。

爪を生成する部分に炎症がおき、爪が変形する原因となります。

処理する部分に消毒液をつけて行ってください。

 

f:id:bryan0230:20171106222639j:plain

 

▲爪を健康に保つためには?

 

爪には、細菌感染を防ぐ役割があります。

爪切りなどの鉄製器具、アセトンなどの化学薬品を使用すると、その防御能力が失われてしまいます。

爪の健康のためには、マニキュアを極力控えてください。

 

また、爪専用のクリームを塗ることで、爪の割れを防ぐことができます。

爪の主成分は、ケラチンというたんぱく質でできており、卵、牛乳、牛肉、多くの野菜や穀物を摂取するとよいでしょう。

爪が割れてしまったときは、はちみつをなじませるのも効果的です。

 

f:id:bryan0230:20171106222818j:plain

 


スポンサードリンク