砂糖の摂取量を減らすと起こるおどろくべき体の変化7つ


スポンサードリンク

f:id:bryan0230:20171202200442j:plain

「甘い食べ物は体によくない。」

誰もがそうわかってはいても、ついつい甘い誘惑に負けて、砂糖をたっぷり使った食べ物に手を伸ばしてしまうのです。

最近では、「甘さはそのままでカロリーゼロ」という商品もありますが、砂糖を使用していることに変わりはありません。

 

このような言葉を真に受けて、私たちの体は日々酷使されているのです。

そこで、砂糖の摂取量を減らすと起こるおどろくべき体の変化を7つ紹介します。

このメリットを知れば、もう甘い誘惑に負けることもなくなるでしょう。

 

1.肌の美白効果

f:id:bryan0230:20171202200546j:plain

 

炭酸飲料、ケーキ、菓子類にたっぷり含まれている砂糖が、吹き出物の発生原因となっていることはすでに知られています。

砂糖の摂取量を減らせば、透明感のあるきれいな肌を手に入れることができるでしょう。

 

2.若々しさ

f:id:bryan0230:20171202200830j:plain

 

ライデン大学の研究によれば、砂糖の過剰摂取は老化現象と大きく関連があることが判明しました。継続的に砂糖を摂取すると、しわが形成され、肌の弾力が失われるのです。

弾力性のある肌はを維持するためにも、砂糖の摂取量を減らしましょう。

 

3.良質な睡眠

f:id:bryan0230:20171202200913j:plain

 

最近、米国の睡眠学会は、飽和脂肪と砂糖が睡眠に悪影響を及ぼすと発表しました。

良質な睡眠は健康の基本です。

 

4.病気の予防

f:id:bryan0230:20171202201004j:plain

 

血管学者のジェームス・ディニコルラントニオ氏は、砂糖は心血管代謝疾患および高血圧関連疾患に影響を与えると発表しました。

一般の人より、25%以上の砂糖を摂取する人は、心血管疾患の危険度が2倍近くになるのです。

 

5.心の安定

f:id:bryan0230:20171202201053j:plain

 

砂糖を摂取すると、陶酔し幸福感につつまれますが、それは一時的なものです。

これは砂糖がうつ病の発症に間接的に影響を及ぼしていることに起因します。

 

6.物忘れの解消

f:id:bryan0230:20171202201143j:plain

 

UCLAの研究者によると、砂糖は一時的に脳機能に損傷を負わせることがあるそうです。もし、記憶力の低下を感じたなら、砂糖の摂取量を減らしてみましょう。

 

7.ダイエット効果

f:id:bryan0230:20171202201222j:plain

 

あまりにも当然の話ですが、砂糖はダイエット最大の敵です。

コーラ1缶に使用されている砂糖の量は、一日の目安摂取量の25gを大きく超えています。

コーラを飲むだけで、相当な量の砂糖を摂取しているのです。


スポンサードリンク