バッグを見れば相手の心理がわかる5つの特徴

一般的に、地位が高くなるほど、薄く小さなバッグを持ち歩くと言われています。

さらに地位が高くなれば、バッグそのものを持ち歩かないようになるのです。

バッグは目立つ小物なだけに、人によっては、そのバッグが持つ階級性を意識すると言います。

どのようなバッグを持ち歩いているかで、心理的な特徴を読み解くことができるのです。

相手の心を把握し、円滑な人間関係を築くためにこの特徴を活用してみましょう。

 

1.たくさんポケットのあるバッグ

バッグの中が無秩序に乱れることを嫌うため、たくさんポケットのあるバッグを選ぶ人は、神経質で几帳面なタイプでしょう。

少し変わった見方をすれば、ポケットは夢の象徴とされるため、好奇心と冒険心が旺盛な人であると言われています。

ただし、非現実的な一面も持ち合わせています。

f:id:bryan0230:20171129220156j:plain

 

 

2.ブリーフケース

丈夫で中身が壊れる心配の少ないブリーフケースを選ぶ人は、実利主義で現実的な性格の人でしょう。

その見た目から「エリートサラリーマンの象徴」としてブリーフケースを愛用する人は、自分を実力以上によく見せたい、人より優位に立ちたいという気持ちの持ち主かもしれません。

このような人の特徴としては、わざわざ見せるためにバッグを机の上に置いたりします。

f:id:bryan0230:20171129220301j:plain

 

 

3.鍵がついたバッグ

機密書類や現金を持ち歩く以外に、日常使うバッグに鍵付きを選ぶ人は、他人との境界線をはっきり引くタイプでしょう。

他人が自分の領域に踏み込むことを嫌い、仕事とプライベートの付き合いをはっきり分け、不安感が強く、防御意識が強い人です。

f:id:bryan0230:20171129220412j:plain

 

 

4.長年愛用している古いバッグ

長年同じバッグを使い続ける人は、一つのことに囚われて、物事の変化を嫌うタイプでしょう。

一度決めたら簡単には志を曲げたくない傾向があります。

f:id:bryan0230:20171129220539j:plain

 

 

5.バッグの代わりに紙袋を使う

自分を飾ることを嫌い、周囲の目を気にしない自分本位なタイプでしょう。

他人への関心が薄いため、人間関係がスムーズに築けない傾向があります。

f:id:bryan0230:20171129220630j:plain

 


スポンサードリンク