人の心を操るためにサイコパスが利用する5つの人間心理

f:id:bryan0230:20180515222933j:plain

『説得の心理学』の著者である、ロバート・チアルディニ教授は、人間の心理を巧みに利用し、思うままに操るサイコパスの特徴を明らかにしました。

 サイコパスたちは人の心理を操縦する方法を熟知し、人々が自分に同調するよう、心理的技術を利用していると、教授は話します。

今回は、サイコパスたちが利用する人間の5つの心理について紹介します。

 

1.自信感

f:id:bryan0230:20180515223002j:plain

 人々は、権力があったり、社会的地位の高い人は、知識が豊富で技術があると思い、その人に従おうとする傾向があります。

 サイコパスたちは、この心理を利用し、常に人々の前では自信があるようにふるまい、実際はそうでなくても自分の地位が高いことを暗にアピールするのです。

 

2.借金したがらない心理

f:id:bryan0230:20180515223039j:plain

 私たちは誰かにプレゼントをもらったり、無理なお願いを聞いてもらったら、何かお返しをしなければ、と考えます。

 人間を単に自分の道具としか考えないサイコパスたちは、このような心理を逆利用して、好意的な振りをして相手に近づき、難しい頼みでも断れない状態にさせます。

 

3.希少価値

f:id:bryan0230:20180515223110j:plain

 ブランド品がこんなにも人気があるのはなぜでしょう。

 高価なため、多くの人が手に入れることができないからこそ価値があるのです。

 サイコパスたちは、希少価値に対する人々の心理を巧みに利用し、人間の欲求を刺激するエサを投げます。

 

4.理解と配慮

f:id:bryan0230:20180515223203j:plain

 ほとんどの人は、自分が社会から認められることを望みます。

 自分の存在価値を認めてもらい、どれだけ大変な思いをしているかを理解してもらいたいのです。

 サイコパスたちは、相手の気持ちに一切興味はなくても、自分の思い通りにコントロールするためならば、想像を超えた大きな理解と配慮を示すことができます。そうして相手の心を掌握するのです。

 

5.好感

f:id:bryan0230:20180515223228j:plain

 自分が好感を持っている相手が、何か頼みごとをしてきたらどう思いますか?

 おそらく、自分のできる限りのことは協力したい。と思うのではないでしょうか。

 サイコパスたちは自分に好感を持たせておいて、まずは、とても小さなお願いをします。そして、段階的に難しいお願いをしていくのです。

 これは、好感を持っている相手を失望させたくない。という人間心理を利用したものです。

 このようなサイコパスは、そう多くは存在しないでしょう。

 しかし、砂場で失われた指輪のように、大勢の善良な人々にまぎれて、正体を隠しています。

 ロバート・チアルディニ教授は、自分の常識を超える親切な行為を受けたなら、その相手を警戒する必要があると警告しています。

 


スポンサードリンク